全国の不動産屋さんが送る「すべらない話」

普段自分達のお店では言えないことや、裏話、秘話等ドシドシ公開される?予定です。(笑)ご期待下さい!

CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>
SPONSORED LINKS
RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
<< 一理ある!? | main |
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

拍手する
| - | | - | - | -
NEW全国の不動産屋さんが送る「すべらない話」

今回新たに

全国の不動産屋さんが送る「すべらない話」

としてスタートする運びとなりましたので、当ブログを応援していただいている皆様にご報告いたします。

これまで以上にここでしか読めない様話しを掲載していきますのでご期待ください!

それでは記念すべき全国の不動産屋さんが送る「すべらない話」第1回目のスタートです。



私がこの不動産業界に入った時、最初に先輩から教えられたお客様と話すルールに「政治」と「宗教」の話しはするなというものがありました。

そのルールに追加して関西では「阪神の悪口は言うな」も追加されるかも知れませんね。(笑)

昔後輩がお客様と話している最中にたまたま阪神の話題になり、「巨人」ファンのその後輩は何を血迷ったか「毎年タイガースは5月のゴールデンウィークまでに勝負がついてる」と言い放ったので、慌てて話題を変えた覚えがあります。(笑)

お客さんの笑顔と私の笑顔が引きつっていたのを今でも鮮明に覚えていますし。(笑)

後、冒頭の宗教の話題も難しいです。

家族内で同じ宗派で統一されてる場合はまだしも、バラバラの場合には中立の立場でいないと、どちらかに肩入れすると「無理解」な営業マンのレッテルを貼られてしまいます。

そして最後に「政治」の話です。

これも非常に難しい・・・・・。

正直触れない方が良いかも知れません。

職場の社長の政治信条や家族や親戚の政治信条も密接に関わっていますし。

ご主人が話してみて初めて奥さんの反応が分かる場合も多々あります。(笑)

「へぇ、そうやったんやぁ」と一件落着すれば問題無しですが、そうでない場合は・・・責任持てませんし。(笑)

上記3つは敢えて踏み込んでみて強烈に理解を得る・・・のも有りかも知れませんが、相当リスクがありますし、無難に行く選択をする方が結果良かった場合がほとんどです。

そしてこんな話題やエピソードが有った!と言われる方。

是非教えてください。(笑)

興味津々です。

by ラッキーマン


上記バナーはリンクフリーです。是非色々な所にお貼りください。


この会の主旨は「不動産業で共に学び、共に栄える」事です。関西の不動産屋さんが送る「すべらない話」ブログを運営する5社のメンバー全員、この会の主旨に賛同し加盟しております。 

 

関東の業者さん達の素晴らしい共同ブログです。リンク済みですので是非ご覧ください。
拍手する
| ラッキーマン編 | 19:09 | comments(12) | trackbacks(0) | -
スポンサーサイト
拍手する
| - | 19:09 | - | - | -
それは海外旅行に行った時も言える話ですネ
| いしべっち | 2010/09/07 1:49 PM |
管理者の承認待ちコメントです。
| - | 2010/11/21 5:35 PM |
管理者の承認待ちコメントです。
| - | 2010/11/25 5:17 AM |
管理者の承認待ちコメントです。
| - | 2010/12/03 9:44 PM |
管理者の承認待ちコメントです。
| - | 2010/12/12 1:11 AM |
管理者の承認待ちコメントです。
| - | 2010/12/16 7:25 PM |
管理者の承認待ちコメントです。
| - | 2010/12/24 10:30 AM |
管理者の承認待ちコメントです。
| - | 2010/12/28 6:12 PM |
管理者の承認待ちコメントです。
| - | 2011/01/02 6:46 PM |
管理者の承認待ちコメントです。
| - | 2011/01/10 11:02 AM |
管理者の承認待ちコメントです。
| - | 2011/01/16 4:12 AM |
管理者の承認待ちコメントです。
| - | 2011/08/27 10:00 PM |









http://k-suberanai.jugem.jp/trackback/95
このページの先頭へ