全国の不動産屋さんが送る「すべらない話」

普段自分達のお店では言えないことや、裏話、秘話等ドシドシ公開される?予定です。(笑)ご期待下さい!

CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< March 2019 >>
SPONSORED LINKS
RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
<< フラット35S 住宅金融支援機構(旧「住宅金融公庫」) | main | 諸費用の裏話!? >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

拍手する
| - | | - | - | -
不動産仲介業者の手数料について
 
こんにちわ

ラッキーマンです。

今回のお題は不動産仲介業者の手数料についてです。

お客様から見た場合、個人から個人に、会社から個人に、様々な場面で仲介手数料がかかることをご存知だと思います。

この仲介手数料。

安ければ安い程良い!と言う意見もありますが、極力払いたくないと考えるお客様もおられるようですね。

ですが、ほとんどの不動産仲介業者は仲介手数料収入で会社経営が成り立っています。

ではその仲介手数料を50%オフ出来る会社や割引き出来る会社はどうやって成り立っているのでしょうか?

このブログでは今回は「社員」から見た「仲介手数料」という切り口で書いてみたいと思います。(終わりの方で書いています。)

昨近よく見かけるのがホームページ上で「◯◯の条件を満たせば◯◯%オフ」とかの条件付きの割引きです。

一つ目の条件をクリアできれば10%オフ。

二つ目の条件をクリアできれば30%オフ。

というものです。

ここからは私見ですが、会社が小さくて社長一人でされてる様な会社ではこの様な割引きや値引きは良いと思われます。

ですが、社員が一人でもいる会社ならばこの割引基準はすごく「曖昧さ」や「不公平感」を残す可能性があります。

何故なら同じお客様でもAさんは50%オフ、Bさんは20%オフという割引き条件は、その条件をしっかり社長さんに伝えて把握して貰ったかどうか・・・に左右される可能性があるからです。

社員が増えてくると様々なお客様の割引条件の不公平さが増す可能性があります。

ですから、どの様なお客様でも◯◯%オフにする・・・のが公平感があるので良いかも知れません。

私がお客さんだとしたらこの様な公平感のある会社から購入します。

そしてこの仲介手数料の割引きや値引きを、割引きしている会社に勤めている社員から見た場合どうなのでしょうか?

その会社が基本給のみの固定給の場合。

何も問題ありません。(たぶん)

その会社が歩合給を取り入れている場合。

少し問題がある様に感じます。(あくまでも自分が勤めていたと仮定した場合です。)

なぜならお客様からいただいた仲介手数料が会社収入のほとんどの場合、その仲介手数料から固定給や歩合給が支払われているからです。

社員さんの給料が固定給の場合はさほど問題はないかも知れません。

しかし歩合給の場合、たとえば仲介手数料100万円×歩合率15%の場合は15万円が歩合給に相当します。

この仲介手数料をたとえば30%オフに割引きした場合は仲介手数料70万円×歩合率15%で10万5千円の歩合給になります。

割引き無しの場合は15万円の歩合給になるので、正規手数料で換算した歩合給の15万円が社員の手に渡ればこの会社に勤めている社員も納得するはずです。

ですが、ほとんどの会社が30%オフの手数料で計算した歩合率で計算した歩合給を支払っているのです。

30%オフにしようが100%の正規仲介手数料をお客様からいただくことになろうが、契約の重要さや手間は全く一緒なのに・・・です。

社長さん一人でされてる会社が仲介手数料を割り引く割り引かないは社長の一存で構わないと私は考えます。

ですが、社員の生活にまで及んで考えた時、この様な社長の考えの会社には魅力を感じないのが本音です。

だって自分が一生懸命頑張って働いたのに、会社の制度で自分の手取り給料が減ってしまうのは納得いきませんもん。

皆さんはどう思われますか?

by ラッキーマン


このバナーはリンクフリーです。是非色々な所にお貼りください。


この会の主旨は「不動産業で共に学び、共に栄える」事です。関西の不動産屋さんが送る「すべらない話」ブログを運営する5社のメンバー全員、この会の主旨に賛同し加盟しております。 

 

関東の業者さん達の素晴らしい共同ブログです。リンク済みですので是非ご覧ください。

拍手する
| ラッキーマン編 | 14:30 | comments(0) | trackbacks(0) | -
スポンサーサイト
拍手する
| - | 14:30 | - | - | -









http://k-suberanai.jugem.jp/trackback/89
このページの先頭へ