全国の不動産屋さんが送る「すべらない話」

普段自分達のお店では言えないことや、裏話、秘話等ドシドシ公開される?予定です。(笑)ご期待下さい!

CALENDAR
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
<< April 2019 >>
SPONSORED LINKS
RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
<< 住宅版△△ポイントがスタートです♪ | main | 平成22年1〜3月の市場動向 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

拍手する
| - | | - | - | -
地価
JUGEMテーマ:日記・一般

先日、公示地価が発表されましたね。
新聞紙上で年に何回かこのような土地の価格についての発表がありますが、
知っているようで実は・・・、という人も意外と多いのではないでしょうか。

地価にはどのようなものがあるのでしょうか?

大きく分けて、公示地価、基準地価、路線価の3つの地価があります。 
簡単に説明すると以下のようなことでしょう。

 ・公示地価  国土交通省が毎年1月1日時点での 都市計画区域内の
          標準値の価格。
          一般の土地取引の指標とされるもので、3月に発表されます。

 ・基準地価  公示地価と機能的にはほぼ同じものと言えます。ただ、
          基準地価の対象は山間部などの都市計画地域外も含まれ
          ています。また、調査時期は7月1日時点で9月に都道府県
          から発表されます。

 ・路線価    相続税・贈与税申告の際の土地評価の基準となる価格です。
          路線価は公示価格の8割が目安とされています。
          国税庁によって、1月1日時点の調査で7月上旬に発表されます。


勘違いしてはいけないことは、これらの公的な地価と実際の取引価格とは必ずしも
同一ではないということです。

公示価格よりはるかに高い価格で取引される首都圏の土地もあれば、はるかに
安い価格で取引される地方の土地もあります。 
  
もっとも、調査されて発表されるまでに時間が経っているわけですから、実勢価格
との間にずれが生じるのも仕方のないことかもしれません。

但し、これらの公的価格は土地の価格のトレンドを掴むものとしては最も適したもの
ではないでしょうか。
あくまで地価が上昇傾向か下落傾向かをみる指標くらいに思っておいたほうがいい
かもしれませんね。


われわれ不動産業者が、これらの公的価格を日々注視して仕事をしていることは
ないでしょう。

南側に大きな建物があり日当たりの悪い土地、専用通路(敷地延長)型だけれども
南側が公園などで大きく開放されている土地・・・などなどそれぞれ個別の状況に
よって取引価格は左右されるものです。

私のお客様の中にも公的価格を妙に気にされている方が何人かおられます。
「先日の公示地価よりかなり高いですね。」とか
「公示地価に比べて安いですけど、この土地には何かあるのですか。」などと。

前述のように土地には個別の状況によって価格が左右されるのとは別に、購入者
(一般消費者)個々によっても価格は違ってくるのではないでしょうか。

その人にとって本当に惚れ込んだ土地(不動産)であれば、公的価格などに
関係なく購入するものです。
一方、いくら公的価格より安くても全く興味のない土地を買う人は(投機目的
以外に)いないでしょう。

トレンドはあくまでトレンド。

本当の地価は公的機関や不動産業者ではなく、あなた自身が決めるものかもしれません。

by 相場師


上記バナーはリンクフリーです。是非色々な所にお貼りください。


この会の主旨は「不動産業で共に学び、共に栄える」事です。関西の不動産屋さんが送る「すべらない話」ブログを運営する5社のメンバー全員、この会の主旨に賛同し加盟しております。 

 

関東の業者さん達の素晴らしい共同ブログです。リンク済みですので是非ご覧ください。
 
拍手する
| 相場師編 | 13:10 | comments(0) | trackbacks(0) | -
スポンサーサイト
拍手する
| - | 13:10 | - | - | -









http://k-suberanai.jugem.jp/trackback/81
このページの先頭へ