全国の不動産屋さんが送る「すべらない話」

普段自分達のお店では言えないことや、裏話、秘話等ドシドシ公開される?予定です。(笑)ご期待下さい!

CALENDAR
S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< January 2019 >>
SPONSORED LINKS
RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
<< 住宅ローンの確定申告はお済ですか? | main | 地価 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

拍手する
| - | | - | - | -
住宅版△△ポイントがスタートです♪

直球勝負です

週末の折り込みチラシ、多かったですね。
予想通りといえばそれまでですが。
えっ?なんのことって??

ニュースや新聞など多方面で話題になっている
住宅版エコポイントの受け付けが始まったと思ったら
やっぱりエコポイント関連のチラシが大量に入っていました。

基準を満たした新築住宅や省エネ基準を満たす中古住宅、
リフォームまでも適用範囲にはいっているため消費者の方にとっても
活用できるポイントは結構、あるのではないかと思います。

私も皆さんと同じく一消費者でありながら不動産会社といった
立場でもあるのですが、その立場からすると長く低迷する景気を
少しでも喚起してくれるような材料のひとつとして期待はしています。

ただ、これも時限措置的である点とポイントが低い点が
ちょっと残念だなぁと思っています。

まず期限という点で・・・

平成21年12月8日〜平成22年12月31日に建築着工したもので
平成22年1月28日以降に工事が完了したもの

が条件です。来年はどうなるのかわかりませんってことです。
継続して施策をしないと意味がないと思うのですが。

それと次の問題はあくまで私の個人的な見解ですが
ポイントの上限が300,000ポイントという点。
微妙かなぁと。

家電のエコポイントならばともかくも住宅の場合、購入や
リフォームにおける費用というものは家電の比ではなくめちゃくちゃ
大きな金額ですよね。
にもかかわらず30万ポイントって少なくないですかね。

今までそれすらなかったのだから・・・というレベルで比較すれば
大きなメリットと映っているのでしょうか??
発想は良いのかもしれませんがインパクトが今ひとつ・・・と感じられます。

エコポイントが消費者の購買意欲の上昇というところまで至らないと
本当に景気に良い影響を与えることにはならないでしょう。
(と少し悲観的ですが業界人としては期待もしています)

そんなこんなでエコポイント還元施策はスタートしましたが、
私としては今までと変わらずもっと身近なところで一人でも
多くの方の不動産の売買に関わることができればそれで良し!
ということで明日からも頑張っていこうかな。
最後は私の決意!?で終わらせて頂きます。
拍手する
| 直球勝負編 | 21:21 | comments(0) | trackbacks(0) | -
スポンサーサイト
拍手する
| - | 21:21 | - | - | -









http://k-suberanai.jugem.jp/trackback/80
このページの先頭へ