全国の不動産屋さんが送る「すべらない話」

普段自分達のお店では言えないことや、裏話、秘話等ドシドシ公開される?予定です。(笑)ご期待下さい!

CALENDAR
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
<< April 2019 >>
SPONSORED LINKS
RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
<< 些細かつ重要なチェックポイント! | main | 不動産屋さんはどこで家を建てるか? >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

拍手する
| - | | - | - | -
住宅ローン
 こんにちは!サミーです

弊社は8月16日(日)まで夏季休暇を頂いていた為、投稿が遅くなり申し訳ありませんでした。

皆様は怪我なく楽しい夏休みを過ごされたでしょうか?

住宅として不動産を購入するに当たり、ほとんどの方が住宅ローンを組まれます。

住宅ローンの金利は以前より複雑でどこが「オトク」なのか、大変わかりにくくなっています。

大きくは下記のような要因です。

1.変動金利の基準金利が銀行により異なる。(固定金利も異なる)
金利が0.1%違えば、3000万円を35年ローンで借入して1ヶ月の支払いで1,391円差、1年で16,692円差、35年で584,220円差となります。

2.金利優遇が各銀行で行われており、その優遇幅が銀行により変わる。

3.上記優遇幅はインターネットで各銀行のホームページをチェックしても、最大優遇幅は実は書かれていない。

4.住宅金融支援機構(旧住宅金融公庫)の住宅ローン「フラット35」は銀行が「取り扱い+審査」の窓口となり、各銀行により審査方法や金利が異なる。

上記「3.」の理由はお客様や物件により最大優遇幅の金利優遇が使えず、最大金利優遇幅をオープンに公表してしまうとその優遇幅を利用出来ないお客様からクレームが来るのを恐れての銀行の表示方法となります。

弊社では最近下記のような住宅ローンを組ませて頂きました。

1.変動金利、全期間△1.6%金利優遇。

2.銀行の審査基準に合致しない案件→フラット35(住宅金融支援機構)での借入れ。
以前は物件価格の80%までの融資でしたが、現在は物件価格の100%まで利用可能です。

3.銀行ローンとフラット35の「イイトコドリ」。
フラット35を基本に銀行ローンと合せて借入れする方法。
銀行ローン90%借入れ、フラット35を10%借入れなどのミックスプラン。
フラット35の変わらない安心である固定金利よりも、金利優遇後の安い金利が魅力の銀行ローンの方が良いと思われる方も多いです。
また、フラット35と合せて銀行ローンを組まれると保証料は全借入額に対し不要です。
銀行のみで3000万円を35年借り入れた場合、保証料は約618,600円別途必要となります。(各銀行により保証料は若干異なります)

詳細につきましては是非「すべらない話」メンバーにお尋ね下さい!

by サミー


上記バナーはリンクフリーです。是非色々な所にお貼りください。


この会の主旨は「不動産業で共に学び、共に栄える」事です。関西の不動産屋さんが送る「すべらない話」ブログを運営する5社のメンバー全員、この会の主旨に賛同し加盟しております。 

 

関東の業者さん達の素晴らしい共同ブログです。リンク済みですので是非ご覧ください。



拍手する
| サミー編 | 12:42 | comments(0) | trackbacks(0) | -
スポンサーサイト
拍手する
| - | 12:42 | - | - | -









http://k-suberanai.jugem.jp/trackback/50
このページの先頭へ